続・やまと屋ブログ堂

★…パーフェクトガンダム、レッドウォーリア、武者ガンダムの起源はここに有り…★

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: やまとメモ  

コミックワールド

SD

新装版「SD武者ガンダム風雲録」の本文初校紙が届いた…これで最終チェックをするのだが、ボンボンスペシャル時のカタカナやギリシャ文字表記でそのままワイドKCに載った箇所を新装版では統一している。武者ガンダムを「武者頑駄無」や武者ν頑駄無を「武者仁宇頑駄無」に…担当の久保田氏が目を皿のようにして頑張ってくれています。

これも、まだ設定書が無く先行き不透明な武者頑駄無5人衆時代の代物ですね。

そこで今回、気になったのは人物紹介の武者頑駄無の生立ち…設定では将頑駄無の長男とあるが、SD戦国伝でも風雲録でも農丸と双子である事以外、実子である事に触れてない…はず?かな~当時の小学生の読者でも頑駄無軍団は血縁関係だろうと言う事は薄々気が付いていても、露骨に実の親父とその5人兄弟(のち、7人兄弟とも…)の物語と知って読んでた子供は何人いたのだろうか。

親子であれば微妙にストーリーも違ってくるような気がして、風雲録では「将頑駄無のと親子の契りを結ぶ~」という件にしてあります。まあ、養子関係でも親子になるのだろうけどね…こんな調子で時の流れを感じつつ着々と作業が進んでいます。


※絵は今石進さんのバンダイから発売された「SDガンダムBB戦士コミックワールド」。


●武者ガンダムを世に送り出し、SD武者頑駄無当初から関わって来た僕でも、25年の歳月と後付け設定には苦慮してます~汗。
武者七人衆

武者頑駄無<ムシャガンダム>(狂四郎版武者ガンダム) 本編の主人公。通称「武者」(最初に「武者」の称号が与えられたため、そのまま通称になったと思われる)。当初の設定では「長男」。武者七人衆のリーダーであり、武芸百般に秀でた頑駄無軍団最強の「武者」。初代将頑駄無の実子で農丸の双子の兄であり二代目大将軍の従兄弟。 父の初代将頑駄無が身を隠していた頃には農民の子として育てられたため、民の心もわかる武者として多くの者に慕われている。 軽装形態はBB戦士オリジナルのものであり、当初は武者頑駄無とは別人の足軽という扱いであった。

武者農丸頑駄無<ムシャノーマルガンダム>(武者ガンダム天地大河スペシャル) 通称「農丸」。当初の設定では「次男」。初代将頑駄無の実子で武者の双子の弟であり、武者七人衆最後の一人。守護獣はアニマルスピリット(シーサー)。 当初は二刀流使いだったが、摩亜屈に二刀流を教えて以来、自身は封印している。左眼は健在ではあるが、隠密の鎧を着用しているときは眼帯をつけている。 続編の「風林火山編」において隠密副将軍に出世する。

武者頑駄無摩亜屈<ムシャガンダムマークツー>(狂四郎版武者ガンダムMk-II) 通称「摩亜屈」。当初の設定では「三男」。初代大将軍と共に戦った「四獣王」の一人、隼頑駄無の子。 元は隠れ里に住む狩人。森で暗殺者に狙われた初代将頑駄無を救ったことで「武者」の称号を与えられ、七人衆の一員となった。修行の途中で出会った「イーグル」を守護獣とし、空陸一体の戦法を身に付けている。

武者精太頑駄無<ムシャゼータガンダム>(狂四郎版武者Zガンダム) 通称「精太」。七人衆では軍師的役割を担う。当初の設定では「四男」。隣国「影舞乱夢(エイブラム)」から海を渡ってきて、初代大将軍と共に戦った武神頑駄無の子。 代々武士の家柄で馬術と弓の名人。愛馬・緒羅四恩<オラシオン>と合体した「ケンタウロススペシャル」は、通常の30倍のスピードを発揮する。

武者駄舞留精太頑駄無<ムシャダブルゼータガンダム>(ΖΖガンダム) 通称「駄舞留精太」。当初の設定では「五男」。初代大将軍と共に戦った「四獣王」の一人、獅子頑駄無の子。 七人衆随一の大砲使いで、大火力に物をいわせた戦法が得意だが、火力を弁えず仲間も巻き込むこともあり、度々仲間たちから「殺す気か!?」と怒鳴られることも。一方で非常に博識であり、機械学にも長ける。自身が使う大砲や守護メカ「武者戦車」を始め、頑駄無軍団の数々の兵器は彼の発明であるものも多い。)

武者仁宇頑駄無<ムシャニューガンダム>(νガンダム ダブルフィン・ファンネル装備) 通称「仁宇」。当初の設定では「六男」。初代大将軍と共に戦った「四獣王」の一人、龍頑駄無の子。 高貴な生まれのためか他人を疑うことを知らないお坊ちゃん。両親の死後は父の友人である山寺の僧に預けられ、その山に住む伝説の龍神から教えを受けたとされる。

武者斎胡頑駄無<ムシャサイコガンダム>(サイコガンダム) 通称「斎胡」。当初の設定では「七男」。初代大将軍と共に戦った「四獣王」の一人、犀頑駄無の子。 七人衆随一の巨体と怪力を誇る。元は山賊の頭だったが、仁宇に敗れたことをきっかけに改心し、共に七人衆の一人となる。初代将頑駄無からの七人衆招聘の際には駆けつけず行方知れずといわれていたが、実は闇軍団の璽悪によって「洗脳マスク」を付けられて部下とされていた。後に戦闘の中でマスクを剥され頑駄無軍団に復帰。山賊時代の相棒「バッファロー」を守護獣とし、合体して「武者バイソン」となる。

初代将頑駄無(パーフェクトガンダム) 初代大将軍の実弟であり、武者と農丸の実父。二代目大将軍の叔父。二代目大将軍の右腕として頑駄無軍団の指揮を執る。泰平の世では農民として二人の子を育てていたが、闇軍団の動きを察知して七人衆を再び招聘した。 相棒の「タイガー」は鎧を装着して「武者タイガー」に、さらに将頑駄無と合体して「ハリマオスペシャル」となる。 百戦錬磨、武芸百般の達人であり、様々な武器を巧みに使いこなす。各部隊を統率する他、直属の隠密部隊「頑駄無組」を率いる。闇軍団の殺駆頭とは陣営を越えた友情で結ばれていた。 その戦功により、後に「将頑駄無」の名は頑駄無軍団筆頭に与えられる「称号」となる。(wikipediaより抜粋)


…そうだったのか「武者頑駄無」!!

Newer Entry新装版【SD武者ガンダム風雲録】ラインナップ。

Older Entry仮説・武者頑駄無誕生編。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 03

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。