続・やまと屋ブログ堂

★…パーフェクトガンダム、レッドウォーリア、武者ガンダムの起源はここに有り…★

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: プラモ狂四郎  

ガンプラ

「機動戦士ガンダム」RX-78タイプは、1/144が300円で、1/100が700円…この1/60は2、000円しました。(※写真は、メカニックモデル)
g1-60

サイズが違うからと言って、1/144と1/60も間接可動部に大差はありません…ただ大きいだけです。現在のHGUCやHG技術とは比べモノになりません…でも、これが無かったらプラモ狂四郎でザク同様間接を弱点として指摘される事も改造に見られるガンプラブームもなかったと思う。そして、この漫画がなかったらガンダムの裾は子供達に広がらずアニメファンのモノであったと自負している。第一回のシミュレーション対決の狂四郎の相手は丸山健ではなく、バンダイの設計担当者さんだったのかも知れません…以降、ガンプラの間接は改善され、漫画の内容も内部(仕掛け)から外部(ボディ)へ…パーフェクトガンダム、武者ガンダムとオリジナルガンダムへと方向を変えていきました。


…最近は、世界に誇るガンプラの究極可動パーツだけあって、細か過ぎて可動する度にポロポロ部品が落ちてしまいます。
やっぱり、プラモはディスプレイなのか~汗。







Newer Entryプラモスピリット(魂)!!

Older Entryガンプラブーム

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。