続・やまと屋ブログ堂

★…パーフェクトガンダム、レッドウォーリア、武者ガンダムの起源はここに有り…★

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: やまとメモ  

EX大衆


大衆


E・S君は僕と同郷・秋田出身の漫画家である…正直、彼の事はあまり触れたくないのだが、ともに励まし合い漫画家を志した時期もあった仲なので記しておく事にした。

彼と知り合ったのは、17歳の春…虫プロ商事発行の「COM」というアンダーグラウンドな漫画雑誌に「ぐら・こん」なる読者投稿ページがあり、そこの欄に同人誌「全日本漫画同盟」会員募集!の行が載っていた。井の中の蛙だった僕は早速、入会。会員は2、30人いて主催者(会長)は、宮城の人間だったが、その副会長は、当時、僕が家業を継ぐ予定で身を寄せていた親父の知人宅と同じ二ツ井町に住む一歳年上のE・S君だった。

「こんな身近に漫画家志望がいるなんて…」僕は、興奮を抑えきれずE・S君に連絡も取らずに会員名簿の住所頼りに自転車で会いに行った…しかし、その時は留守で会えず二度目でE・S君に会えたと記憶する…彼は温和な性格で兄のような印象。「家業か、漫画か…」で進路を悩んでいた僕の相談に乗ってくれたり、互いの漫画を批評し合ったりして僕等の漫画道・立志編が始まった。

僕がダイナミックプロに入ると、既に大日本印刷に就職していた彼も、後からダイナミックプロに入って来て、僕の近所にアパートを借りた。それから、僕らの漫画道・上京編が始まる…互いの部屋を行き来しながら、原稿を手伝って貰ったり、編集者を紹介してやったりしたため、僕らの作品は同じ雑誌や学年系列誌に掲載されてる事も多かった…貧しくも楽しい漫画生活~僕は、E・S君を生涯の友と信じていた。

ところが、僕らの漫画道・最終章は突然やって来た。
`82、僕が創刊されたコミックボンボンで『プラモ狂四郎』の連載を始めガンプラブームに拍車がかかると、E・S君の態度が一変、口も聞いてくれなくなり、連絡もくれずに何処かに引っ越してしまったのである…その一年後、彼はボンボンのライバル誌・コロコロコミックでプラモ狂四郎の亜流漫画を始める…(苦)。

もうお気付きだろうか…そう誰あろう、E・Sなる人物とは…あの斎●栄●氏なのだ。

その後、彼と連絡を取り、何度か会おうとしたが後ろめたさがあるのか「多忙」を理由に頑なに拒んだ…この頃の事を、共通の友人だった坂丘氏から聞くと、僕の悪口を周囲に触れ周るほど憎んで(嫉妬して)いたらしい…彼にも、それなりの言い分があるだろうが、僕は一度も人前で狂四郎のヒットを自慢した事もなければ、生活が派手になった事も無い…むしろガンプラ特需に負い目を感じて漫画を辞めたくらいだ…やれやれだ。その後、彼は某宗教団体に入信して、友達や身内を勧誘するほど熱心な信者だったとも聞く…今となっては消息すらつかめず、もう、どうでもいい事だが、お互い、若くないのだから健康でいてくれれば、それでいい。





◆‘07EX 大衆で組まれた「ボンボン、コロコロ」の特集で、僕のコメントが載ってます。当時の読者も、大人になったのですね…。








Newer Entryホビージャパン・魂

Older EntryGUNDAM MS HISTORICA

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。