続・やまと屋ブログ堂

★…パーフェクトガンダム、レッドウォーリア、武者ガンダムの起源はここに有り…★

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: やまとメモ  

GUNDAM PLAMO

ガンダム

僕は、独立してから食えない時期石森プロで1、2年お世話になった…。

しかし、その経緯はハッキリしない…ただ、徳間書店のテレビランド編集部でデスクの校条さんと石森プロ代表でゼネラルマネジャーの加藤昇さんに挨拶した事だけは覚えてる…僕はテレビランドと小学館の学年誌・小学四年生でも同時連載する事になって自分の志すジャンルとは違う方向に進んで行く事になる…(汗)。

「秘密戦隊ゴレンジャー」はモノクロからカラー放送に合わせて赤、青、黄、ピンク、緑の五色で構成され、仮面ライダー同様、石森先生の子供でもすぐに描けてしまう絶妙なマスクデザインは「アカレンジャー、アオレンジャー、キレンジャー、モモレンジャー、ミドレンジャー、五人合わせてゴレンジャー!!」の掛声と共にヒーロー戦隊物の幕開けとなった。

こんなハッキリしない縁ながら、新宿、太平ビルで行われる月一の試写会とミーティングには足繁く通い、打ち合わせで代々木の石森プロにも行った…当時、石森プロの専属だった山田ゴロさんとは、二、三度、ロボコンの手伝いに行ったりして親しくしてもらった…そういえば、僕が石森先生の代理で月刊少年マガジンで「アクマザー3」(初回だけ、石森先生が描いたと思う…)の連載を引き受けた時の事…石森先生が海洋博か何かで沖縄に行くから、明日八時までネームを生田の撮影所まで持って来てくれないかと石森プロの青柳氏から連絡が入り徹夜でネームを書きあげ持って行ったことがある。

FAXの無い時代、口頭で告げられても生田なんて土地勘はない…ただ漫画少年の憧れ・石森先生に迷惑を掛けまいと思う一心で生田の山道を走った…「え、山道…」迷った!!
約束の時間はとっくに過ぎている…やばい…その日は早朝から雨模様で半べそ…雨とも汗とも涙とも分からないもので顔中グショグショにしながら道を探した…やっと辿りついた時、石森先生と青柳氏らはロビーで待ってくれていたが、時間がないため羽田に向かう車中でネームをチェックして貰う…石森先生は隣で緊張している僕を和ませよう話掛けてくれたが、偉人の横で頷くしか出来なかった純情な僕(赤面)。

羽田に着くと、あの藤子不二雄先生(その他の項目参照)と、つのだじろう先生(定かでないが多分)が待っていた…離れて見送るだけだったがトキワ荘の集い…夢みたいだ~っ。

後にも先にも、石森先生と対話はこれ一回きり…(汗)。

石森先生を偲ぶ会

…そして、`98、天才萬画家・石ノ森章太郎先生の訃報は秋田で聞き「偲ぶ会」の案内状を貰っていながら都合がつかず出席出来なかった(涙)。

約二年、石森プロでは児童漫画の基礎を多方面から学ばせて貰ったという感じだ。


Newer EntryGUNDAM MS HISTORICA

Older Entry真紅のガンダム・レッドウォーリア

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。