続・やまと屋ブログ堂

★…パーフェクトガンダム、レッドウォーリア、武者ガンダムの起源はここに有り…★

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: プラモ狂四郎  

パーフェクトジオングMK-Ⅱ

pj-xa

「やまと虹一先生のお宅でしょうか?」…忘れもしない僕が秋田から埼玉に舞い戻った‘03年の暮れ12月24日クリスマスイブの事である…その月は例のMG「パーフェクトガンダム」の発売と年明けから発売される廉価版(コンビ二本)『プラモ狂四郎』のカバー絵の入稿と漫画復帰として幸先のいい年の瀬だったから覚えてる…。
どうでもいい電話(セールス関係)は本名の苗字で掛かってくる…下の名前は身内…「やまと」は仕事と決まっているのが我が家の法則だ。この年の暮れに…誰?出版社はもはや年末年始の休みモード。そんな時「やまと」とは…7年間のブランクボケでつい「ハイ、そうです」と声のトーンも上がる。その電話は何と東京12チャンネルのTVチャンピオン「プロモデラー選手権」敗者復活戦の審査員の出演依頼だった。とにかく人前に出るのが苦手…プラモ漫画を描いていたのは昔の話だし、僕にプロモデラーを審査する力量は持ち合わせていない!ADさんに丁重にお断りすると夕方また掛かって来た。断る!…翌日また掛かってくる。再度断る!また掛かってくる…これでは埒が明かないと思い「何時行けばいいんすかーっ」喧嘩腰で答えると…30日、板橋のスタジオに午後4時集合…1、2時間で終わりますからと言う。僕はそんなに重要視されているのかと思い…内心嬉しくなり、贈呈された「‘04電撃ホビーマガジン2月号」MGパーフェクトガンダムの特集号のホビー用語辞典のページに目を通し予習…敗者に向かい「君のプラモスピリットは熱かった」…決めセリフまで用意。これで「やまと虹一」のキャラは万全だ!

撮影当日、小心者の僕は『超戦士ガンダム野郎』の担当だったコミックボンボンの石川氏の新潟、佐渡への里帰りを返上させて同行…スタジオ一番乗り…武者振るいがする。審査員は僕の他にモデラーの野本憲一さん、ラジコンの「京商」山口真司さん、ロボットクリエイター高橋智隆さん…出演交渉3日、待機5時間、出演時間5秒!…なんじゃコリャ…?○×の札上げに行っただけかよ!…てな感じで、余計忘れられない年の瀬になりました(怒)。

◆『プラモ狂四郎・関が原ウォーズ編』ときた洸一氏デザインのサッキー竹田専用「パーフェクトジオングMK-Ⅱ」

Newer Entry懐古戦士ガンボーイ

Older Entry模型秘伝帳

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 03

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。