続・やまと屋ブログ堂

★…パーフェクトガンダム、レッドウォーリア、武者ガンダムの起源はここに有り…★

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 超戦士ガンダム野郎  

フルアーマーZ ガンダム

z-x.jpg

僕は確かに『プラモ狂四郎』のヒットのお陰でガンプラブームの一翼を担い、そこから派生した「武者ガンダム」でSDガンダムの全盛期にも携わる事も出来た…その事を誇りに思う反面、いくらカッコいいオリジナルMSを描いて人気が出ても所詮、偽ガンダム…ガンダムモドキという蟠りが作品について廻る…『狂四郎』の人気の大半はガンダム・ガンプラあっての事と、重々承知しているのだが腑に落ちないことがあった…例えば「パーフェクトガンダム」『狂四郎』のプラモスピリットの象徴である事は当時の読者なら誰でも知っているはずだが、MSVとして発売されると「連邦軍うんぬん…」と狂四郎とはまるで関係の無い解説が添えられてしまうのだ…MS戦国伝「武者頑駄無」に至っては「時は戦国…丹波の山里七番国に住む…阿夢呂丸の手に譲り渡され…」と続き初出が何処か抹消されてしまうのである(泣)。『プラモ狂四郎』の「プ」の字も認めたくない連中には当然の事と思うのだろうが、当事者としては複雑な心境だ(汗)…そして安井氏の強い要望もありサンライズ・バンダイ・講談社の三社が協議し『プラモ狂四郎』『超戦士ガンダム野郎』発信のSD商品には権利・印税の発生しない「企画原案/ 安井尚志 やまと虹一 講談社」と表記されるようになったのだが…。


◆図はガンダムメカの重鎮、大河原邦夫氏のゲストMS…大河たちのトレーニングのためにコンピュータが創りだした「フルアーマーZガンダム」という設定である。

                 天地大河スペシャルへ…つづく。


Newer Entry天地大河スペシャル

Older EntryG研(ガンダム研究会)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。