千生大将軍

千

千生大将軍は千生将軍の出世タイプ(発展型)である…『超戦士ガンダム野郎』での初登場は大河の悪友、G研名古屋支部の杉本ヒロシがSD「F-91」をベースに改造したザクレロ兜の千生将軍であっが、大河のSDスピリットでサラマンダートップ(しゃちほこ兜)の千生(改)となる…その後、G研九州支部・千本木親子との一戦で千生の守護神・バサラマンダーと合体して千生大将軍にパワーアップした。

余談ではあるが、このデザインは当時レイアップに所属していたSDガンダムのカリスマ…祖と謳われた横井孝二画伯である…ヒロシが同じ名古屋出身という事でわざわざ書き起してくれたものだ…またヒロシの弟、タケシの千壱将軍も横井画伯の筆による…おまけに三重県、伊勢名菓「赤福」から赤福将軍とか愛媛のいよかん段ボールの鎧をまとった武者亜礼薬?(ガシャポン戦士)であったりと横井画伯は、まさに遊びのツボを心得た天才であった!…僕も出身地・秋田の「なまはげガンダム」を描いて日本全国SDご当地ガンダムまで構想したんですが笑い話で終わりました…(ちえっ)。




                         ガンマスターへ…つづく


プロフィール

やまと屋・店主

Author:やまと屋・店主
当ブログは‘07コミックボンボン休刊に伴い始めたyahooblog「やまと屋ブログ堂」から転載した記事に加筆・補足したものです。

閲覧回数
アクセスカウンター
やまと屋書房
やまと屋模型堂
QRコード
QR

Archive RSS Login