続・やまと屋ブログ堂

★…パーフェクトガンダム、レッドウォーリア、武者ガンダムの起源はここに有り…★

Category: 超戦士ガンダム野郎  

スモウガンダム

sumou.jpg

安井氏の原作は大体のオリジナルガンダムをイメージしながら筆を取る事も多かったので、パーフェクトガンダムのように最初から原画があるものならともかく…例えば、武者ガンダムの場合、僕がその文章やラフから想像し直接デザインしていくから、外観のディテールや武器等は自由に戦闘場面の盛り込む事ができるのだが、安井氏がメカの概要をデザイナーに伝えて外注した時など、ペン入れの段階で手元に届く事もしばしば…ネーム構成(コマ割り)でその部分を開けておいて後からはめ込んで描くため、想像したメカより過剰に武装していたり、大き過ぎて用意したコマに入らなかったり、逆に見開きを用意したのに大河がビビるほど迫力がなかったりすると構成のやり直しだ…このスモウガンダムなんか、見事に“肩透かし”をくったオリジナルガンダムの一つだった(苦)。※デザインは山田高裕さん。

そういえば『プラモ狂四郎』の時も、先月号でガンダムが左腕をやられたのに、今月号の原作では右腕がなくなっていた事もあった(笑)…これは安井氏の勘違いですまされるけど…右と左では見せ場も戦いも違ってくる…『超戦士ガンダム野郎』の基本はリアルガンダムでなく、SD…スーパーデフォルメである…一歩間違えばお笑いだ(BB戦士の取説漫画、今石進さんも、SDの横井画伯のもギャグだったし…)今では当たり前に受け入れているが、当時はストーリー漫画として読者を定着させシラけさせないため4、50ページの構成には本当に気を使った。

Newer Entry赤福将軍

Older Entry飛天頑駄無超将軍

1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10