続・やまと屋ブログ堂

★…パーフェクトガンダム、レッドウォーリア、武者ガンダムの起源はここに有り…★

Sort by 07 2007

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: プラモ狂四郎  

ガンプラ

「機動戦士ガンダム」RX-78タイプは、1/144が300円で、1/100が700円…この1/60は2、000円しました。(※写真は、メカニックモデル)
g1-60

サイズが違うからと言って、1/144と1/60も間接可動部に大差はありません…ただ大きいだけです。現在のHGUCやHG技術とは比べモノになりません…でも、これが無かったらプラモ狂四郎でザク同様間接を弱点として指摘される事も改造に見られるガンプラブームもなかったと思う。そして、この漫画がなかったらガンダムの裾は子供達に広がらずアニメファンのモノであったと自負している。第一回のシミュレーション対決の狂四郎の相手は丸山健ではなく、バンダイの設計担当者さんだったのかも知れません…以降、ガンプラの間接は改善され、漫画の内容も内部(仕掛け)から外部(ボディ)へ…パーフェクトガンダム、武者ガンダムとオリジナルガンダムへと方向を変えていきました。


…最近は、世界に誇るガンプラの究極可動パーツだけあって、細か過ぎて可動する度にポロポロ部品が落ちてしまいます。
やっぱり、プラモはディスプレイなのか~汗。







スポンサーサイト
Category: プラモ狂四郎  

ガンプラブーム

ぶーむ

これは僕がある雑誌のインタビューでも答えているいる事だが『プラモ狂四郎』連載当時、先発のコロコロコミックは学年誌で実績のある児童漫画家たちで「友情、努力、勝利…そして笑い」なんてどこかで聞いた事のあるようなスローガンを掲げ熱くなっていたのに対し、後発コミックボンボンは少年マガジン系の有名漫画家で構成され児童誌としては何処か冷めた感じがした…唯一学年誌出身の僕が「友情、努力、勝利…そしてガンプラ!」たった一人スローガンを掲げ『プラモ狂四郎』に盛り込んだ(笑)…僕はガンダムファンの熱狂さを知らなかったから平気でモノアイに目玉を入れたり、怒れば頭にバッテン印も入れたガンプラ黎明期とは言え「児童漫画とはこんなもんだーっ!」てくらい熱く自由に描いた。案の上ボンボンの特集ページを担当するモデラーさんや編集部まで反応が悪かった…前回も書いたように年末進行で時間が無い…そのまま掲載するしかなかった…「僕は降板もありうると確信した。」…ところが年が明けてコミックボンボン'82年2月号が発売されると事態は一転いきなりトップ、読者アンケートの7、8割が『プラモ狂四郎』で占めていた。僕は読者に救われた…低年齢層にガンプラブームの兆し…『プラモ狂四郎』単行本発売日の当日から重版の連続…やがて第1次ガンプラブームが加熱する。

そして『プラモ狂四郎』の人気が上がるにつれページもドンドン増え40、50、60ついには二本立てになった…安井氏から上がってくる原稿は400詰で7、8枚…通常32ページでも足りないくらいの枚数だったがストーリー構成が苦にならなかったのは安井氏のプラモシミュレーション(仮想空間)と言うガンダムの世界感にとらわれない自由な発想と四郎をはじめ健やキー坊、みどりちゃん、山根等のキャラが魅力的だった…。
       
そんな安井尚志氏の才能に支えられ『プラモ狂四郎』以降も『ホビーボーイ飛人くん』(テレビマガジン)『新プラモ狂四郎』『超戦士ガンダム野郎』『SD武者ガンダム風雲録』等…約12年間、コミックボンボンでコンビを組む事になる…。
                              


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
27
28
31
> < 07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。